バイアグラは危険か?

バイアグラの保険の補償

バイアグラの保険の補償

バイアグラの物語は、単に小さな青い錠剤バイアグラの製造の話だけではないのです。アメリカの男性一人が自分をバイアグラの潜在的消費者と見るようなニーズつくりの話なのです。

 

ファイザー社の広告にクレームを申し立てたのがきっかけで、男性が自分の若さや性的魅力はこれで充分なのか、これで男と言えるのかと応用になるのではないか?

 

大笠かもしれませんが、大半の保険提供機関がバイアグラの処方に保険金を支払っていて、バイアグラと勃起不全、ひいては男性の性的能力を正常に戻すための努力に正当性と価値を与え、そして保険をかけている男性すべて会社に相談できる環境を整えたのが実情です。

 

大半の保険会社がバイアグラを補償対象としているのは、紆余曲折があったとも言われている。

 

最初は保険機構もバイアグラの事故での補償を支払わないと宣言し、一時代騒動を引き起こしたが、のちに譲歩しました。

 

ほかの州でもバイアグラの保証を拒否し、激怒した客から保険会社を訴えられました。保険会社は保証を認める一方、その大半は医師が診断した勃起不全に関して、バイアグラをツキに6錠までに限定しています。

 

一方で。経口避妊薬など女性向けの処方薬は、依然として大半が保険の穂障害となっています。バイアグラが保険で補償されるのに、避妊薬が保証されないことから、女性を中心に運動が起こり、多くの州が保険会社に避妊薬への補償を要請する避妊薬補償法を可決しました。