バイアグラは危険か?

患者が増えるとバイアグラが売れる

患者が増えるとバイアグラが売れる

あるジャーナリストがファイザー社は病人を作り出してバイアグラの売り上げを伸ばしているという記事を掲載しました。

 

キジには、ファイザー社のお抱えのコンサルタントが、経口剤シルデナフィル・バイアグラの様な勃起不全治療薬の必要性を構築して知らしめようとしている。

 

そのプロジェクトを背後からファイザー社が援護射撃をしていると報じたのです。

 

その後、泌尿器科学会の会報では、その動きを察知した人が、泌尿器科医は爆発しつつある医療区分を目の当たりにするだろうと予測したそうです。

 

勃起不全は健康上の大きな問題だと考えるべきだという考えが一般的のなりバイアグラの売り上げはぐんぐん上がっていきました。

 

あるメディア討論会ではバイアグラを「この分野の開業医が想像もしなかった夢の実現」とか「胸躍る勃起不全治療薬バイアグラ」などと褒めちぎったのです。

 

今日では、製薬会社から有償でコンサルタントの開業医の起用が普及しています。

 

それでもファイザーへの関与を公表するつもりのない医師が数多くいるのには、矛盾を感じます。

 

そのためそれらの医師たちは一般の目からは公平な診察をする医師だと映るのです。

 

しかし、そこに勃起不全で診察に行くと必ずバイアグラを処方されるのです。

 

これらの減少に関する調査員などコンサルタントは、通常なら、会社の報告書と食い違う可能性があるデータの公表を防ぐために、機密保持契約書に署名しておかないといけないのです。