バイアグラは危険か?

バイアグラの真実

バイアグラの真実

勃起障害の大半は治療可能な生理的障害が多いとされています。

 

最初は心因性が原因とされていたインポテンツは器質性が原因だと言われるようになったのはどうしてなのでしょうか?またインポテンツから勃起不全へとその呼び名を変えた原因はどこにあるのでしょうか?

 

そして、新しい時代の性がバイアグラの登場によってどのように変化していったのでしょうか?

 

バイアグラ登場の前は勃起不全の専門は精神分析医から泌尿器科へ移行したことをバイアグラ利用者はどのようにとらえるべきなのでしょう。
これらの質問の答えが、バイアグラの登場のカギを解き明かすのです。

 

1970年代から90年代に起こった勃起不全の枠組みの変化が医学的見解の変化と、社会集団の権力の隆盛、この2つが大きくかかわっているのです。

 

バイアグラが急に売れ始めたのにはわけがあるのです。科学に権威と企業の癒着によって勃起不全とバイアグラという言葉が独り歩きしたかのように広まり始めたのです。

 

勃起不全の急増とバイアグラ出現の物語は、責任転嫁、医学的偶然、公衆の面前での演説、など利益が一曲に集中してしまった結果なのかもしれません。

 

バイアグラによってもたらされる巨万の富のために、世間への情報操作の原因なのかもしれません。